りんごを描きました

まず五感を使ってりんごを観察するところから始まりました。

目で見るだけでなく、味を思い浮かべたり、触ってみたり、においをかいでみたり。

次にリンゴを切って、中身も観察しました。

見つけた色を手に取り、オイルパステルで種から描いていきました。

どんどん大きくなったりんごに皮を描いて、魔法の粉を振り、ピカピカに磨いて仕上げました。

臨床美術の古川泉先生です。

重そうなりんご、甘そうなリンゴ、固そうなりんご、いろんなりんごが出来上がりました。

タグ:

特集記事
最新記事